小学生

 理解度に応じた指導方法

集団個別授業形式で、算数・国語・英語の演習を繰り返し学習内容が定着できるまで指導を行っています。問題を解いた後の丸付け・解説は直接行っていますので、講師は、生徒一人ひとりの習熟度を把握しています。また、習熟が十分ではない場合は反復・復習を行い理解が進んでから新しい単元に進みます。わからないまま授業が進んでいくことはありませんので、安心して授業を受けることができます。

 中学内容に向けた基礎学力の定着

小学校課程の計算力,基本的な文章題を解く算数力,国語力などが身についていることを前提に、中学の勉強は進んでいきます。これがないと中学に入り勉強が難しく感じ,いきなり苦手意識を持ったり,勉強嫌いになったりするケースが少なくありません。小学生のうちに土台作りに取り組むことは,子供たちにとって大変有益なことです。小学生クラスでは中学校の学習につながる勉強習慣と算数・国語の基礎力習得を徹底させ,早めに「自分の学習スタイル」を見つけ定着させていきます。

 勉強する力を育む『春期・夏期・冬期講習会』

学校が長期休暇に入る春休み、夏休み、冬休みに講習会を実施します。学校授業が進まない長期休暇の過ごし方はお子様の今後の学習状況や成績を大きく左右します。慶進塾の講習会では、前学期の復習・失点が目立つ単元の強化・次学期学習内容の先取り・中学までの習熟必須単元の学習など学校の授業が行われない期間だからこそできる指導をご提供しています。一人ひとりの目標達成・課題克服のために”なくてはならない講習会”です。

クラス対象学年科目内容
小学生クラス小学1~6年生算数・国語・英語個々の生徒のペースに合わせた集団個別授業。